奉仕活動

10月27日 講演会「がんと向きあうために」を開催いたしました

がん研有明病院名誉院長 山口俊晴先生による講演会を開催いたしました。
第二部で、胃がんからリングに復活したプロレスラー藤原喜明様、
そして、悪性リンパ腫と戦っている垣原賢人選手による経験談や
プロレスの裏話が楽しく語られました。
藤原組長(親愛を込めて藤原氏を組長と呼ばせていただきます)は手術室に向かう際、
ストレッチャーを嫌って歩いて行ったのです。下駄の音を響かせながら。
「手術室って調理場みたいだなぁ」とつぶやいたというのは有名な話です。
垣原選手、またの名を昆虫イベンター ミヤマ☆仮面は2015年にステージ4の悪性リンパ腫と告知され、
その治療中も「先の見えない、得体のしれない恐怖」と戦っていたといいます。
去る8月14日、カッキーライドでリングに復活するとともに、ミヤマ☆仮面としてキャンピングカーで全国を回ってイベントをプロデュースされています。
内田悦嗣浦安市長、木村英俊地区ガバナーにもご出席いただき、大盛況のうちに閉幕いたしました。
講演会を通して司会をしていただいた早川かをりさんは、とてもチャーミングな方で、写真より数段お美しい女性でした。
プロレスへの造詣も深く、突然のアクシデントにも全く動じることなく、終始楽しく進行していただきました。

ご来場いただいた皆様。
講演会をご後援、ご協賛くださった団体・企業の皆様。
会場の設置から片付けまでしていただいた株式会社マナビス、株式会社マナビス化粧品、東海東京証券の社員の皆様。
講演会を終始楽しく盛り上げてくださった司会者の早川かをりさん。
がん研有明友の会のみなさん。
浦安シーサイドライオンズクラブのメンバーのみなさん。
このような大きなアクティビティが成功できたのも、皆様のおかげでございます。
心から感謝申し上げます。

最後になりますが、会場に設置させていただいた「プロレスラー高山善廣さん復活基金 TAKAYAMANIA」の募金箱にも皆様の多くのお心をいただきましたことを御礼申し上げます。

Facebookページも是非ご覧ください。いいね & シェアよろしくお願いします。