奉仕活動

ライオンズクラブ国際協会は、世界最大の奉仕クラブ組織です

世界中に46,000を超えるクラブがあり135万人が会員として登録しています。
ライオンズは世界中で活動しています。
208を超える国と地域で地域奉仕に取り組む男女の集まりです。
ライオンズには、ダイナミックな歴史があります。
1917年に創設されたライオンズは、失明と闘う活動で最もよく知られています。 それは私たちの歴史であり、現在の取り組みでもあります。しかし私たちはその他にも、多様な地域事業にボランティア活動を行っています。 活動内容は環境保護、飢餓対策、高齢者や障害者の支援などです。

国際交流

献血運動、青少年の健全育成、国際交流に重点を!

奉仕活動

現在、当クラブは、献血運動、青少年の健全育成、国際交流に重点を置いた活動を行いたいと考えています。 今後とも皆様方のご指導、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
献血活動は1993年度より、日本赤十字献血運動に協力し新浦安駅前にて献血協力活動を実施中です。
少年サッカー大会の主催は、1987年度より青少年育成のため少年サッカー大会を主催し現在も継続中です。(通例毎年3月頃に実施)
外国人会(UFRA)との国際親善花見会は通例毎年4月頃実施しています。 愛の募金箱活動は、1988年度より年2回の募金箱の配布、回収活動を実施し収益金を各種団体に寄付させていただき、社会奉仕活動の一助といたします。

2017年5月7日 新浦安駅前広場にて献血支援活動を行いました

L岡田献血委員長号令の元、赤十字の皆さんと共に朝礼からスタート!
お天気にも恵まれたこともあり、献血ご協力者の目標人数を高く設定して気合を入れました。
L杉山さんがお仕事の途中でお寄りくださって力強い激励をいただきました。
また、しんうらやす整骨院の今村先生のおかげで多くの子供たちの応援がありました。
やはり子供は一瞬で空気を変えるパワーがありますね!

写真の高校生ははじめての献血。
献血の大切さを感じていただき、私たちの活動に大きなやりがいを与えてくれました。
みなさまのおかげさまで今年度一番の成果が上がりましたこと、深く感謝いたします。

採血人数52名様 20,400ml

第30回 シーサイドライオンズ杯 市内少年サッカー大会

浦安シーサイドライオンズクラブ主催となって市内の少年サッカークラブが日頃の練習の成果を競い合い、
最終日となる3月12日の決勝戦で幕を閉じました。

新浦安駅前広場にて献血支援活動を行いました

大変多くの方々にご協力いただき、深く感謝いたします。

薬物乱用防止教室を開催しました

見明川小学校にて6年生を対象に薬物の怖さを知ってもらうための薬物乱用防止教室を開催しました。

新浦安駅前広場にて今年最後の献血支援活動を行いました

ぽっかぽかな日曜日。
今回も浦安市民プラザWAVE101で行われた献血の支援活動です。
初めての試みとして「アイバンクへの登録」「骨髄バンクへの登録」も
同時開催としました。
両協会の方から、これまでにない程に多くの方々にご登録いただいたと驚きの言葉をいただき、
岡田献血活動委員長をはじめ、メンバーみんなで大喜びです。
いつもご協力いただいているしんうらやす整骨院の今村先生が、後輩のスポーツ女子を応援に呼んでくれました。
すごく華やかになって、非常に楽しく活動できました。
けんけつちゃんも大奮闘で応援していただきましたが、中身が182cmとデカ過ぎて
体長2.5mとなってしまい、子供たちが泣きはしないかとヒヤヒヤしたカメラマンでした。
でもけんけつちゃんのPowerは予想以上に強大で、子供がドンドン寄ってくるんです。
メンバーも大笑い、いやっ 大変楽しく大盛り上がりでした。
img_0513img_0504img_0525img_0532img_0542img_0549img_0551img_0583img_0589