*

世界最大の地域奉仕クラブ

ライオンズクラブが力を合わせれば、問題は小さくなり、 そして、地域は住みやすくなっていきます なぜなら、私たちは必要とされれば、それが地元のコミュニティであれ、 世界のどこであれ、他にないエネルギーと誠意をもって助けの手を差し伸べるからです

献血運動

1993年度より毎月第一日曜日に、日本赤十字献血運動に協力し新浦安駅前にて献血協力活動を実施中

献血運動

青少年の健全育成

1987年度より青少年育成のため、少年サッカー大会を主催し現在も継続中(通例毎年3月頃に実施)

青少年の健全育成

国際交流

毎年4月頃、浦安在住外国人会(UFRA)との国際親善花見会など開催し積極的に交流しています

国際交流

ライオンズクラブとは

ライオンズクラブのライオンとは

・ Liberty(自由)
・ Intelligence(知性)
・ Our(我々)
・ Nation’s(国家間)
・ Safety(安全)  の頭文字を並列したものです。

動物園のライオンではありません。
只、ライオンは百獣の王としてのステータスを持つ関係にありますので、
クラブのマークとして全世界で使われています。
1917年メルビン・ジョンズの呼びかけでアメリカ合衆国各地から約20名の代表者が集まり、
シカゴ市のホテル・ラサールのイースト・ルームで初会合を持ったことに始まります。

その後、1925年ヘレン・ケラーが「ライオンズよ!闇を開く十字軍の騎士たれ」と呼びかけて以来、
盲人を助け、眼を守る運動は我々ライオンズマンの奉仕活動の大きな柱となりました。
世界共通の「白い盲人杖」は、2006年9月末現在、会員の国籍及び領域の197カ国と拡大しています。

会員数は、世界で1,300,000人に達し、我が国は115,965名のライオンがいます。
そして、各ライオンは、ライオンズスピリットに則り、各地区で様々な奉仕活動を続けています。

ライオンと呼ばれる人

事業を成功に導き、善良な生活を楽しみ
常に微笑をたたえ、人類を愛し 知識人の尊敬を集め 幼児たちに親しまれる人

その地位にふさわしく かつ精力的な仕事ぶりにより 一輪の花と心うつ詩と
そして、うるわしさを秘めた魂とによって よりよき社会をもたらす人

人生の中に美の輝きを感じ その賛美の言葉を忘れず 友の美点をつねに見守り
自らの良きところをまた友に贈 その人生こそ偉大なる感激そのもの

彼こそライオンと呼ばれる人

アクセス/会場マップ

〒279-0011 千葉県浦安市美浜1-8-2 オリエンタルホテル東京ベイ